2018年12月8日土曜日

惜別 近江鉄道ミュージアム

本日12月8日をもって残念ながら閉館となった近江鉄道ミュージアムですが、2007年の4月6日と8月26日の二度訪問した時の画像を今回公開したいと思います。


こちらは8月26日にミュージアム内にある駅名標と電気機関車などを一緒に撮影したもので、この頃はまだ電気機関車もきれいな状態で、バラストもまだまだきれいな状態でした。


こちらも8月26日に撮影した電気機関車の並びで、右からED314、ED143、ロコ1101が並んでいました。


こちらも8月26日に撮影した電気機関車のED4001ですが、パンタグラフは上がってませんでした。


こちらも8月26日に撮影した電気機関車のED14の並びで、どちらもパンタグラフは上がってませんでしたが、右側のED141はスノープラウを装備されていて、左側のED144は国鉄時代の茶色に塗装されていました。


こちらは4月6日に撮影したLE10形13号車です。


こちらも4月6日に撮影した500系501号車です。


こちらは8月26日に撮影した左から蒸気機関車の輪軸とED14電気機関車の車輪で、背景に近江鉄道の資料館が写っています。


近江鉄道資料館の中には様々なものが展示されてましたが、一番目立つところにパンタグラフが展示されていました。


懐かしい行先表示板も多く展示されていました。


どこの駅でいつ頃まで使用されていたかわかりませんが、懐かしい発車標が展示されていました。


タブレット閉塞機も展示されていました。


こちらは8月26日に訪問した時の入場券で、硬券切符となっていました。


地方私鉄でこれだけの規模の博物館は中々ないだけに閉館は残念でありますが、経営の苦しい中をこれまで維持してくださって本当にありがとうございました。


2018年12月6日木曜日

阪堺 『阪堺電車177号の追憶』ツアー電車を撮る

今回は先月の話題となりますが、11月17日に行われた『阪堺電車177号の追憶』ツアーの貸切電車を撮影するために阪堺電車を訪問しました。この日は通常運用に入っていれば撮りたい車両があったので朝から住吉や塚西で撮っておりましたが、しばらくして住吉に戻りますと同好の方々がお越しなられていたのでご挨拶させていただき、色々と楽しいお話を伺うことができました。また同行の方々の中に今回のツアーにめでたく当選された方がおられまして、ツアーを楽しみにされているお姿がなんとも印象的でありました。そして、お昼を同好の方々と済ませまして、その後はそれぞれ決めた撮影場所で貸切電車を待ちます。


自分はお世話になっている同好の方と小説に登場する北畠停留場付近でツアーの集合場所の天王寺駅前までの送り込みの電車を待ってましたが、なんと現れたのは小説の表紙に描かれている金太郎塗装のモ161形で、しかも車番が普段の166号(いつもは「モ166」と表記しておりますが、今回は小説の表記と合わせて「166号」としております)でなく、小説に登場する177号というサプライズ!! しかし、この177号を北畠の上りの停留場のに停車するところを撮ろうとすると電車の後ろにいた自動車が軌道内で追い越してくるというハプニングに見舞われて撃沈。その後、諦めずに後追いだけはどうにか撮影することができました。相変わらずネタになるとダメですね(^^;。


そして、同じく北畠の下りの停留場で天王寺駅前から来る貸切ツアーの電車を待ってましたが、ツアーの電車が来る直前まで画像の空の色のように今にも雨が降りそうなドン曇りで、ツアーの電車が現れた時に停留場周辺だけに陽が差すというある意味奇跡的な状況に(苦笑)。またこの北畠は小説に登場するので参加者の方々が下車すると自分は勝手に思い込んでいたのですが、そのまま電車は南下して行きましたので、同好の方と相談してイチかバチか浜寺へ向かうことにしました。


そして、北畠から途中の住吉鳥居前で下車して徒歩で南海本線住吉大社駅で乗り換えて浜寺公園まで行き、そこから徒歩で浜寺駅前停留場まで向かって待っていると177号が現れてくれて、降車ホームに停車しているところを撮ることができました。その後はここでツアーに参加されていた皆様が下車されて撮影されてましたが、参加されていた同好の方がご挨拶してくださいました。


そして、今回の貸切ツアーの177号に掲出されていた「祝 2018年 大阪ほんま本大賞受賞作 阪堺電車177号の追憶 山本巧次 Osaka Book One Project」ヘッドマークを撮影しました。こちらのヘッドマークは金太郎塗装の166号(モ166)に現在掲出中(自分も11月23日に撮影した時に確認しました)で、2019年1月末まで掲出の予定だそうです。


最後は自分が小説を持参していたのを同好の方が思い出してくださったので、小説と今回の177号を両方入れて撮影しました。


今回の貸切ツアーの撮影では相変わらずネタになると弱いところを露呈してしまいましたが、同じく撮影していた同好の方々に助けていただいて救われましたし、ツアーに参加せず撮影だけしていたのも関わらず、ツアーに参加しておられた方々からは撮影中に車中から手を振ってくださったりしていただいて本当にありがとうございました。


そして、今回の貸切ツアーを企画された作者の山本巧次さんとスタッフの方々、実際に本線上で177号を走らせてくださった阪堺電車の職員の皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


2018年12月3日月曜日

阪神7861・7961形 フォト・ギャラリー

阪神7861・7961形のフォト・ギャラリーです。


武庫川線武庫川-東鳴尾間を走る7861・7961形。


西大阪線(現在のなんば線)出来島駅に停車する阪神タイガース2005年リーグ優勝記念ヘッドマークを付けた7861・7961形(前2両)。


西大阪線(現在のなんば線)大物駅に停車する7861・7961形。


これらの画像は阪神電気鉄道 7861・7961形 - MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERYでも公開しております。


2018年11月30日金曜日

阪堺線住吉-住吉鳥居前間の七五三参り(の幟と阪堺電車の)風景 2018

毎年この11月は国内各地の神社は七五三参りで賑わいますが、阪堺電車沿線でも特に阪堺線住吉-住吉鳥居前間の住吉大社は多くの参拝客の方々で賑わっております。今年は住吉界隈以外で撮影してる時間が多かったもので七五三参りの参拝客の方々と阪堺電車と絡めた風景は撮れませんでしたが、住吉大社の七五三参りの幟と阪堺電車と絡めた風景は撮りましたのでそれらも含めてご覧いただければと思います。


まずは七五三参りの幟が多く立っている住吉大社北側の時計台付近を走就役90周年記念ヘッドマークを掲出した緑一色塗装のモ161形モ162です。就役90周年記念ヘッドマークを掲出した姿でのモ161形と七五三の幟の組み合わせも今年だけで、幟も運良く表向きになってくれていたので良かったです。


今年も阪堺さんや親会社の南海さんをはじめ、多くの企業の協賛の幟が電車道に立てられていました。


今年も住吉大社正門になる大きな掲示板にも「七五三まいり」と書かれていました。


毎年恒例ですが、沿線の停留場には住吉大社の七五三参りのポスターが貼られていました。


最後は七五三参りの幟と阪堺線住吉鳥居前停留場に停車するこの秋に新しい広告主になられたSPハウジングさんの広告車両のモ701形モ710を絡めた画像です。


この七五三参りの時期が終わるともう師走です。早いもので今年もあと一か月です。


2018年11月26日月曜日

近鉄9020系9035F「近鉄ライナーズ」ラッピング車両を撮る

今回も先月の撮影したものですが、10月21日に撮影した近鉄のラグビーチーム「近鉄ライナーズ」のラッピング車両となっている近鉄9020系9035F(EE35)です。


撮影したといいましても、この日は田原本線の赤と緑の復刻塗装の8400系を2編成共撮ることができず、諦めて帰りがけにコンデジで橿原線田原本駅北側の踏切待ちの時に何気に撮影したもので、シャッターのタイミングはデタラメですが、偶然にも雲一つない青空の下で撮ることができてよかったです。


それにしても偶然とはい次週に行われた「きんてつ鉄道まつり 2018」の際に五位堂にいるとは思いませんでした。


来年はラグビーワールドカップ2019日本大会が開催されますのでこの「近鉄ライナーズ」のラッピング車両も注目されるかもしれません。


2018年11月23日金曜日

阪堺モ701形モ704 フォト・ギャラリー

阪堺モ701形モ704のフォト・ギャラリーです。


上町線北畠停留場に停車する「堺名物かん袋」の広告車両だった頃のモ701形モ704。


上町線天王寺駅前-阿倍野間を走る阪堺標準塗装だった頃のモ701形モ704。


阪堺線・上町線の交差する住吉停留場付近を走る「堺のチンチン電車を愛する会」の広告車両だった頃のモ701形モ704。


阪堺線住吉停留場(2番のりば)に停車する「天王寺都ホテル」(画像は2009年の広告塗装)の広告車両で元々Z型パンタグラフだった頃のモ701形モ704。


上町線帝塚山三丁目-帝塚山四丁目間を走る「天王寺都ホテル」(画像は2011年の広告塗装)の広告車両でシングルアームパンタグラフだった頃のモ701形モ704。


阪堺線住吉停留場(2番のりば)に停車する「天王寺都ホテル」(画像は2013年の広告塗装)の広告車両でシングルアームパンタグラフだった頃のモ701形モ704。


同じく阪堺線住吉停留場(2番のりば)に停車する「天王寺都ホテル」(画像は2017年の広告塗装)の広告車両でZ型パンタグラフに戻されたモ701形モ704。


これらの画像は阪堺電気軌道 モ701形 モ704 - MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERYでも公開しております。


2018年11月20日火曜日

近鉄2800系万博誘致ラッピング車両を撮る

今回は2ヵ月以上前とかなり前の撮影分となりますが、9月9日に近鉄2800系2808F(AX08)による万博誘致ラッピング車両を撮影しました。


この万博誘致のラッピング車両は走り始めた今年の5月下旬から撮りたいと思いながら中々出会うことがなかったのですが、9月9日に泉北ライナーによる特急サザンの撮影で南海本線に出掛けていた帰りの近鉄電車から河内山本で待避しているのが見えたのでこれはチャンスだと思い、どうにか五位堂で撮ることができました。


こちらは車体側面のラッピングの全体を撮ったものです。


こちらは同じく車体側面のラッピングの万博誘致のログマークを拡大して撮ったものです。


最後は窓下の文言を拡大して撮ったもので、「2025年万博誘致に向けて駆け抜けよう!近鉄グループは2025年万博誘致を応援しています」の文言が書かれていました。


11月23日に開催地が決定するそうですので是非とも大阪に決まってもらいたいものです。


2018年9月9日 大阪線五位堂 4541レ AX08


2018年11月18日日曜日

阪堺モ701形モ710「SPハウジング」広告車両(2018年塗装更新車)を撮る

今回も周回遅れの話題となりますが、10月下旬にSPハウジングの広告車両に変更された阪堺モ701形モ710について触れてみたいと思います。


こちらは10月28日に阪堺線住吉停留場2番のりばに停車しているところを後追いで撮影したものですが、この日は朝から運用を調べていてもこのモ710は運用に入っておらず、我孫子道の車庫を見て来られたいつもお世話になっている同好の方が「モ710は予備車の2番手のところに停まってました」と教えてくださって、2番手だとまずないと諦めていたのですが、その後同じ運用で2回電車の差し替えが起こるという奇跡がありましたので運良く撮影することができました。これまではアドベンチャーワールドの広告車両のパンダ電車として親しまれてきたモ710ですが、今回広告主さんが変わって塗装も変更となり、車番もモ501形やモ351形の塗装変更時と同じくこれまでの切文字が外されて字体も変わり、戸袋窓下部に左から「出口 EXIT」、「入口 ENTRANCE」と漢字と英語でそれぞれ大きく表示されるようになりました。今回の塗装はどこか美味しそうなスイーツみたいな塗装で、同好の方が関西では馴染み深い王将アイスキャンデーのようと例えられて「なるほど!」と思いました。


こちらは11月4日に阪堺線住吉停留場2番のりばに停車しているところを前パン側から撮影したものです。この日は天浜運用でしたが、早朝は曇っていたので運良く前パン側から撮影することができました。


最後は11月11日に上町線帝塚山四丁目停留場に停車しているところを真横から撮影したものです。先述した戸袋窓下部の左から「出口 EXIT」、「入口 ENTRANCE」とそれぞれ漢字と英語で表記されてますが、モ501形やモ351形と違って左側と中央の戸袋窓の大きさが違うのでそれぞれの大きさに合わせた表記となってました。


2018年11月16日金曜日

京福モボ631形 フォト・ギャラリー

京福モボ631形のフォト・ギャラリーです。


北野線宇多野駅に停車する旧標準色のモボ631形633号車。


北野線御室仁和寺駅に停車するZ型パンタグラフだった頃のモボ631形631号車「江ノ電号」。


これらの画像は京福電気鉄道 モボ631形 - MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERYでも公開しております。


2018年11月13日火曜日

阪堺モ701形モ702の広告車両が「和光グループ本社」から「和光ホームズ」へ社名変更

今回は一か月以上前の周回遅れの話題になりますが、今年の2月に塗装が更新されたばかりの阪堺モ701形モ702の広告主である「和光グループ本社」が社名変更されて広告塗装の方も若干の変化がありましたので少し触れてみたいと思います。

10月7日は堺まつりとすみ博のフラッグ掲出車両の撮影に阪堺電車を訪問していたのですが、朝に住吉で撮影してますとお越しになられたいつもお世話になっている同好の方が住吉から我孫子道方面へと行くモ701形モ702を見て「ドアの亀さんのマークが変わってますね」とおっしゃられて、その時自分は全く気が付かなかったのですが、同好の方とお別れして我孫子道から戻ってきたモ701モ702を影だらけながらも車体側面を撮影して画像を確認しますと、同好の方がおっしゃられていた通りにドアの窓下の亀のマークが変更されているのが確認でき、更に社名がこれまでの「和光グループ本社」から「和光ホームズ」に変更されているのも確認できました。


こちらの画像は昼前に運良く曇ってくれたので前パン側からできたもので、こちら側からだと車体側面の社名が「和光グループ本社」から「和光ホームズ」に変更されているのがよくわかります。あとこの画像ではわかりにくいですが、この社名が変更された箇所は塗装ではなく、上からステッカーで貼られていました。


こちらは同じ場所で撮影した以前の「和光グループ本社」の社名だった頃のモ701形モ702です。


こちらは後追いで撮影したものですが、ドアの窓下の亀が着色されて描かれていたものが単色となり、亀の絵の横の文言もアルファベットで「WAKO HOUSE」と書かれています。こちらの亀のマークも上からステッカーを貼ったものとなっていました。


こちらは同じ場所で撮影した以前のドアの窓下の亀が着色されて描かれていた頃のモ701形モ702ですが、亀の絵の下の文言が漢字で「和光の家」と書かれていました。


2018年11月11日日曜日

近鉄16200系観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」による青の交響曲(シンフォニー) ハロウィン パン&スイーツ フラワー号(2018年10月運行分)を撮る

今回も先月の撮影分となりますが、10月31日に近鉄16200系観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」を使った青の交響曲(シンフォニー) ハロウィン ランチ&スイーツ フラワー号が運転されたので撮りに行って来ました。

今回運転された青の交響曲(シンフォニー) ハロウィン ランチ&スイーツ フラワー号は古市駅と南大阪線沿線を中心に店舗を展開されているパティスリーフラワーさんとのコラボ企画の貸切列車としてのツアーで、ルートは通常の青の交響曲(シンフォニー)と同じく大阪阿部野橋-吉野間の往復でしたが、パンフレットの行程にはツアーに参加された乗客の方々は始発の大阪阿部野橋以外に途中フラワーさんの店舗のある河内松原、藤井寺、古市からの乗車も可能でしたので、通常の青の交響曲(シンフォニー)が停車しない河内松原、藤井寺、古市にも停車したようです。


時間がなかったので飛鳥駅で停車しているところを撮影しました。


前面窓の行先表示器の上には「青の交響曲(シンフォニー) ハロウィン ランチ&スイーツ フラワー号」の副標が貼られていました。副標を掲出したパティスリーフラワーさんのツアー列車を撮影したのは今回が初めてでしたのでうれしかったです。


2018年11月8日木曜日

京阪7000系 フォト・ギャラリー

京阪7000系のフォト・ギャラリーです。


京阪本線森小路-千林間を走る7000系オリジナル塗装車。


同じく京阪本線森小路-千林間を走る7000系リニューアル塗装車。


これらの画像は京阪電気鉄道 7000系 - MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERYでも公開しております。