2018年8月5日日曜日

阪堺モ351形モ355「岡崎屋質店」広告車両(2018年塗装更新車)を撮る

今回もかなり前の話題になりますが、ゴールデンウィーク明けの5月中旬に「岡崎屋質店」の広告車両のモ351形モ355の塗装が更新されたことを同好の方々のブログやTwitterなどで知り、5月27日に阪堺へ訪問した際に先の4月下旬に塗装が更新された「岡崎屋質店」の広告車両のモ501形モ503と共に撮影することができました。


この日は朝に我孫子道車庫から出庫して恵美須町へ向かい、折り返しで我孫子道に戻り、我孫子道から天王寺駅前行きとなり、天王寺駅前から浜寺駅前行きとなって、そのまま日中は天王寺駅前と浜寺駅前間を往復する運用で走っていましたが、まずは朝に出庫して一旦恵美須町から戻って我孫子道から天王寺駅前行きとなって住吉に現れたところを撮りました。先に塗装変更されたモ501形モ503と同じくお顔の窓下にあったワンマンカープレートが撤去され、車番もこれまでの切文字が外されて字体も変更されているのがわかります。


次は折り返しの浜寺駅前行きの車体側面を撮影しましたが、こちらも先に塗装変更されたモ501形モ503と同様に戸袋窓下部に左から「出口 EXIT」、「入口 ENTRANCE」と漢字と英語でそれぞれ大きく表示されるようになったのがよくわかります。


この日は天浜運用でしたので折り返してくるまで時間がありましたが、定番の後追い構図でも撮影しました。


こちらは昨年の2017年に撮影した前方後円墳型ヘッドマークを掲出した姿での「岡崎屋質店」の広告車両のモ355ですが、ワンマンカープレートの有無と車番の字体の変更で同じ広告塗装でも今回の塗装更新でかなり印象が変わったのがわかります。


こちらは2010年に撮影した「岡崎屋質店」の広告車両のモ355ですが、この頃はまだ行先表示も現在のLEDでなく幕式で、ワンマンカープレートの色が同じ緑色でも若干明るく、文字も現在の白色でなく黒色で、ワンマンカープレートの右下には広告枠がありました。


こちらは2009年に撮影した「岡崎屋質店」の広告車両のモ355で、広告のデザインは現在のものと変わりませんが、塗装の色合いが現在のものと若干異なっておりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿