2018年4月29日日曜日

躑躅の季節の阪堺電車 2018

今年は桜に続いて躑躅(ツツジ)の開花も例年と比べて早いこともあって4月22日に阪堺電車と躑躅(ツツジ)を絡めての撮影に出掛けました。この日は朝から住吉で同好の方々とお会いして楽しい時間を過ごしておりましたが、昼食後に昨年同様に堺市内の大道筋まで足を延ばして躑躅(ツツジ)と絡めて撮影しました。


躑躅(ツツジ)の開花状況は大道筋沿いでも場所によって違ってましたが、一番きれいに咲いていたのが綾ノ町から神明町にかけての辺りで、グッドデザイン賞受賞記念のヘッドマークを掲出した堺トラムの1001形1002「紫おん」を神明町-妙国寺前間の神明町寄りで撮影しました。


こちらは塗装が更新されたばかりできれいなモ351形モ354で、残念ながら前方後円墳型のヘッドマークの掲出はもうありませんでしたが、神明町-綾ノ町間を後追いで撮影しました。


また貸切電車として走っていたパンダ電車のモ701形モ710も躑躅(ツツジ)と絡めて撮影することができました。


0 件のコメント:

コメントを投稿